ライス部屋

学校では教わらない科学的に正しい効率の良い勉強法を紹介しています。これは学生だけでなく、資格取得や一般教養の学びとしても役立つ情報です。また、受験対策や一般教養の学習対策のための問題も用意しています。ぜひご活用下さい。

おすすめ勉強法 ~〇△×式~

こんにちは。ライスです。

 

今回は〇△×式勉強法をお伝えします。

   f:id:rice_rice_h:20190209235208p:plain

 

<目次>

 

はじめに

みなさんは勉強法について悩んだことはありませんか。

 

  • どうしたら効率よく勉強できるのか。
  • できる人はどのような勉強をしているのか。
  • できる人はどのような方法で勉強しているのか。

 

などなど、一度は勉強方法に悩んだことがあると思います。

 

そこで今回は勉強法の1つである「〇△×式勉強法」をお伝えしようと思います。

 

やり方

まず、やり方を説明します。

 

1.問題集などを用意し、問題を解いていきます。

 

2.その際に、

・何も見ずに自らの力でできた問題は〇

・ヒントをもらったり、調べたりして解けた問題は△

・解けなかった問題には×

をつけていきます。

 

すると問題を解いていくうちに何ができた問題で間違った問題なのかが見えてくるはずです。

 

3.出来なかった問題は何も見ずにできるようになるまで繰り返します。

ただし、その日に行うのではなく、見直しをしたら別日に行うことをお勧めします。

その日は理解して解きなおしたとしても、1回目の正誤を記入しましょう。

 

例)2月10日に問題を解いた。(×)

 →2月11日に解きなおした。(△)

 →2月12日に解きなおした。(〇)

 →2月15日に解きなおした。(〇)

 →2月22日に解きなおした。(〇)

 

理由は、「人は忘れる生き物」といわれるように時間がたつと忘れてしますからです。

 

しかし、何日も継続して解くことにより、記憶力は向上し、長期記憶へとなっていきます。正解したら日付を空けて何度も解いていきましょう!

 

そのためには、日付を書くことも忘れないようにしましょう。

 

〇△×式勉強法の良さ

この勉強法の良さは、まず自分で解ける問題と解けない問題が視覚的に判別できるということです。

 

勉強とは、自分で解けない問題を解けるようにすることです。

 

その一歩としてまずは自分は何が解けない問題なのかを把握することが大事です。

そこから勉強は始まりなのです!

 

出来ない問題を見つけた後に次の良さがあります。

それは、効率よく反復演習を行うことができるということです。

 

日付とその時の〇△×がついているため、何を勉強するべきなのかがわかりやすくなります。そして反復することで確実に実力が身についていきます。

 

よくできなかった問題の解説を見て理解し、できた気になる人が多数います。

 

「分かる」と「できる」は別物です。

 

実際にやってみるとわかることでしょう。

きっと、理解した後に何も見ないでもう一度解くとできない問題が多々あるはずです。(特に数学)

 

だからこそ、本当に解けるようになるために反復演習は必須です。

間違った問題は最低3回は丸がつくように解きましょう。

 

もう一つの良さは、自分の成長が視覚的にわかるということです。

 

以前、間違っていた問題ができるようになったと実感することができます。

これがモチベーションの維持につながります。

勉強のモチベーション維持は勉強するにあたり重要であることはみなさんご存知でしょう。

 

以上の良さがあるのでぜひやってみてください。

 

ちなみにこの勉強法はどの教科でも可能です。

 

質問等はコメントへどうぞ。

あなたの勉強をお助けします。

 

個別指導も行っているので気になる方はぜひ!