ライス部屋

学校では教わらない科学的に正しい効率の良い勉強法を紹介しています。これは学生だけでなく、資格取得や一般教養の学びとしても役立つ情報です。また、受験対策や一般教養の学習対策のための問題も用意しています。ぜひご活用下さい。

【雪】マイブーム~スノボにはまってます~

こんにちは。ライスです。

 

日本の良さの1つには、「四季が豊かである」ことが挙げられます。

その中でも、今回は冬にスポットを当て、冬といえば雪、そうです

「雪」

をテーマにお話ししていこうと思います。

f:id:rice_rice_h:20190223182204j:plain

 

<目次>

 

 

「雪」マイブームは?

現在も冬の寒さが続き、日本各地で雪景色を多く目にする季節です。

雪といえばスキーやスノーボード、スケートなどといったウィンタースポーツが盛んになります。その他にも雪だるまや雪合戦をすることもあるでしょう。

 

冬はこの季節にしかできない楽しみがあります。

 

今回は「雪」のテーマのもと、雪を活用しているウィンタースポーツについてお話していこうと思います。

 

ちなみに私は、スポーツが好きな人間であるため、もちろんウィンタースポーツもたくさんします。先ほど述べたスキー、スノーボード、スケートはすべて経験しています。

 

中でも最近のマイブームは…

 

「スノーボード」

f:id:rice_rice_h:20190223182224j:plain

 

です。今は最もはまっています。

 

数年前まではゲレンデに行く際は、スキーをするタイプであったのですが、その後はスノボをするようになりました。

 

今となってはスノボは、個人的にウィンタースポーツの中で最も好きなスポーツとなりました。

 

「雪」マイブームの紹介

長所

ここで、その良さを紹介します。

 

その良さは、滑ることももちろん楽しいのですが、ただ滑るだけでなく滑れるようになったのちに、「グラトリ」という様々な技をすることができるということです。

 

つまり常に向上心を持って練習することができ、達成感を味わうことができます。これはスポーツの一つの良さであると私は思います。

 

スノボに限界はないんですね。

 

豊富な滑り方をすることで飽きることなく滑走することができるのです。

 

また、初心者も3時間ほどあればある程度滑ることが可能になります。なので、初心者にもおすすめのスポーツです。

 

そうした意味で、私は今後ウィンタースポーツを始めたい方にスノボをおすすめします。

 

短所

ただ、短所としてコストが高いということがあります。

スノボを始めるにあたり必要な費用として、以下が挙げられます。

 

・リフト代

・スノボセット

・ウェア―

 

この3点は必須です。

実際に値段を確認すると、リフト代は場所によりますが、2500円から5000円ほどになります。基本的にリフトの場合は安め、ゴンドラの場合は高めになります。また、コースの距離が長いほど高く、短いほど安くなっています。

 

次にスノボセットです。個人で揃えようとすると2万円~10万円まで様々ですが、やや高めになります。数回しか行かない方や、試しにやってみるという方はレンタルがおすすめです。どのゲレンデにもレンタルがあります。

値段は、1回3000円ほどで借りることができます。詳しくは、各ゲレンデのホームページから調べることが可能ですので調べてみてください。

 

最後にウェアになります。ウェアも個人で買う際は、1万円~5万円ほどまで様々です。こちらもゲレンデに行くとレンタルがあります。

値段は、1回3000円ほどです。詳しくは、各ゲレンデのホームページより調べて下さい。

 

実際に行く際はゲレンデの情報を事前に調べてから行くことをおすすめします。

f:id:rice_rice_h:20190223182247j:plain

 

ちなみに個人の意見ですが、ウェアに関しては寒く無ければ何でもいいと思います。

実際、私も最初の頃ウェアは借りてません。自分で持っているものをたくさん来てゲレンデに行っていました。毎回ウェアに3000円とれるのは嫌だったので…w

 

そこの判断はご自身でお考え下さい。

 

もちろん質問等ある方はコメントにて受け付けます。

 

一言

みなさんが冬にしかない「雪」を利用してより楽しい冬を過ごせることを願っています。雪が降ると雪かき等大変なことがありますが、楽しませてくれることもたくさんあることを忘れないでください。

 

そしてぜひ、屋外でのウィンタースポーツに挑戦してみてください!